ĐỌC HIỂU TIẾNG NHẬT – NGUY HIỂM!

 

危ない

ある日、ミラーさんは道を渡っていました。そのとき、向こう側にいた日本人の友達が「危ない!」と叫びました。ミラーさんは何が危ないのか、よくわかりませんでしたが、止まりました。車がミラーさんの前をすごいスピード走って行きました。
次の日、ミラーさんは車を駐車場に止めようと思って、バックしていました。隣に座っていた日本人の友達が「ぶつかる!」と叫びました。びっくりしたミラーさんはどうしたらいいか、わかりませんでした。車はうしろの壁にぶつかってしまいました。
ミラーさんはどうして友達が「止まれ!」とか「ブレーキを踏め」とか、言わなかったのか、不思議だと思いました。
それで、いろいろな場合に日本人が何というか、聞いで見ました。

Related Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: